So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

MG MS-06S ZAKUⅡVer2.0 [プラモデル]

皆さん御存知、3倍速いシャアザクのマスターグレードVer.2.0です。
少し前のネタでスミマセン。
前のVer1.0から約10年くらいでしょうか?
前のがでたときでも、”スゴイ!!!”って思いましたが、やはり年月が経つと、これはこれでカッコイイのですが、いろんな面で色褪せてきてしまいますね。
材質も、PS+PEが主でしたが、ABSも使うようになり、関節の保持力が上がりました。
塗装はしにくくなりましたが・・・。
成形技術の向上もあり、かなり部品の精度が上がると共に、部品の一体成形化がすすみました。
砲身や、肩アーマー、頭部などパーツ分けがなくなりました。
色分けも細かくなり、ほんとに素組みするだけで、塗装しなくてもかなり見れるモノに仕上がります。
ほんとの初代ガンプラからすると、25年といったところでしょうか?
あの頃と比べると、考えられないくらいの進歩ですね。
私、本当は塗装派なのですが、ここまでくると、動かすことを考えると、無塗装か、してもフラット吹きだけで良いような気もしてきます。
さて、前置きが長くなりましたが、モノの紹介です。
誠に申し訳ありませんが、全くの素組み状態です。
デカール類も一切貼ってません。
ご勘弁を。

では、前から。
かなり、リボルテックばりに、S字立ちさせています。
腰もよく曲がりますので、このようなポーズも決ります。

後ろから。

シャア専用アクションベース1にのせて。
武器類は、以前のものより、かなり大きめに作られていて(というか前のが小さすぎた)、ちょうどいい感じです。
ザクマシンガン。

ザクバズーカ。

よく動くというわけで、このような立膝どころか、屈むポーズまでとれます。
このポーズ、かなりうまく屈ませないといけませんが、十分とることができます。
なんといっても、サイドスカートが後ろにスライドするためこのようなポーズがとれます。

で、Ver1.0とVer2.0の比較です。
モノは、見てもらえば一目瞭然ですが、Ver1.0はテレビ版とは違う解釈で、かなりスマートでリアルタイプザクといったところでしょうか?
それと比較しVer2.0は、全体的にスジ彫りとかも簡略化されましたが、体系はかなりテレビ版よりのマッチョな体系になっています。




組み合わせでこんなことも。

ポーズは、箱の作例のポーズを主に撮っています。
というのも、よくああいう写真には”うそ”が存在するので、実際にポーズがとれるか、検証する意味も含めて再現しましたが、全く”うそ”はありませんでした。
体系がテレビ版よりということも有りますので、ぜひファースト世代の人には作ってもらいたいですね。
接着剤も塗料もいりません。
ニッパーとナイフとやる気さえあれば簡単にできます。
黒い三連星Ver2.0も出るようですのですので、これも買って比較したいと思います。
明日は、ウニッ子を更新しようと思いますが、あくまでも予定は予定です。
それに、遅くなったので散々紹介されつくされてるし・・・。

プライスバスター
 MG 1/100 MS-06R 高機動型ザク 黒い三連星仕様 Ver.2.0 プラモデル【01月予約】 38%OFF!

ホビーショップ アルバトロス
MG 1/100 MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0 [プラモデル]
MG 1/100 MS-06J ザク Ver.2.0 [プラモデル]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。